業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > クレジットカード審査の3Cとは?

クレジットカード審査の3Cとは?

 初めてのクレジットカードに最適

【クレジットカード審査の基本的な考え方「3C」】


クレジットカードが発行されやすいユーザーとは、どんな人物像でしょうか?
ちょっと想像してみてください。


職業的には、医者・弁護士などの社会的地位の高い職業。
公務員・一部上場企業に勤務する会社員。
条件的には年収が高い人。
勤続年数が長い人。
家(不動産)を所有している人。


こういった人物像を想像するのではないでしょうか。



逆に審査が通りにくい人物像としては
フリーターやパートなどの非正社員
安定した収入の無い自由業(作家・音楽家)
肉体労働者
水商売の人達


を想像するでしょう。



これらは確かに正解ですが、クレジットカード会社はヤミクモに職業差別をしたり個人的な感情でカード発行の可否を決めてるわけではありません。


どこのクレジットカード会社でも独自の審査基準を設けていますが、共通した考え方として「3C」といわれる3つの軸から申込み者の信用力を判断する仕組みを採用しています。



「3C」
  ┃
  ┣ 1. Capacity  (資力) つまり 「返済能力」
  ┃
  ┣ 2. Character (性格) つまり 「返済意志」
  ┃
  ┗ 3. Capital   (資産) つまり 「担保」



「Capacity」 は資力という意味で、継続して返済を続けるために一定の収入が定期的にあるかどうか? つまりは返済能力を見るものです。この返済能力が、クレジットカードの審査において最も重要視されています。

「Character」 は性格という意味で、お金に関しての性格を見るものです。決められた日にきちんと返済できるかどうか、まじめさと信頼性があるかどうかを見るものです。

「Capital」 は資産という意味で、負債の担保として不動産やクルマ・有価証券・貯蓄がある
かどうかを見るものです。



では、クレジットカード会社は実際にどのような手順でこの 「3C」 を判断するのでしょうか?
それはスコアリングシステムによって行います。
 初めてのクレジットカードに最適