業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > -属性- 【年収】

-属性- 【年収】

 初めてのクレジットカードに最適

【5.年収】


年収は一般的に高い方が有利なのは言うまでもありませんが、クレジットカード会社の方で裏付け確認が最も取りずらい属性なので、評点差は実はあまりありません。

この項目は勤務先規模・勤続年数・年齢・雇用形態と連動して判断されるのです。例えば上場企業で勤続5年、28歳で正社員ならば年収〇〇〇万円と予想がつくわけです。こういった一般常識的な要素と照らし合わせた範囲内で自己申告額が採用される(修正される)といった方が正しい表現です。

ここを勘違いして20歳そこそこなのに年収1000万円などと申込んでくる人がたまにいますが、ツジツマの合わない数字や極端におかしい項目は「要確認」となって審査担当員、つまり人手に渡ります。その際に審査担当員の心証を悪くすることがあります。(嘘つき扱いということです)


多目に申告したい気持ちは分かりますが、一般常識に照らし合わせて考慮する必要がありますので、せいぜい数年先の見込み年収を記入する程度が妥当でしょう。


また、年収が200万円未満の場合はかなり審査が不利になります。

 初めてのクレジットカードに最適