業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > -属性- 【家族構成】

-属性- 【家族構成】

【8.家族構成】


家族構成は以下の3つの要素の組み合わせで構成され、評点されます。
  1. 独身or既婚
  2. 親と同居or親と別居
  3. 子供有りor子供無し


評点の高い順に並べると以下のようになります。


 独身で親と同居>既婚で親と同居>既婚で親と別居>独身で親と別居



さらに子供に関しては 「無し」 の方が、可処分所得が多いと判断されるので評点は高くなります。


家族構成の重要な点は「追跡ができるかどうか」です。

つまり支払いが滞った際に本人を追跡できるかどうかを家族構成から判断しているのです。一人暮らしで独身の場合は容易に行方をくらますことができるので最も評点は低くなります。逆に親と同居していれば本人の行方を捜す手がかりも得やすいですし、万が一見つからなかったとしても親が肩代わりしてくれるケースが非常に多いのです。

一人暮らしで行方不明になった場合、親に連絡してその旨を告げても 「もう独立して外に出たんでうちには関係ないです」 とシャットアウトされるケースが多いのです。

既婚で子供がいる場合は、そう簡単に家族全員で夜逃げというわけにはいきませんし、子供の幼稚園や学校の手続きの関係で、いずれは住民票を移動せざるを得ないため簡単に追跡ができると考えます。(クレジットカード会社は行方不明ユーザーを探すため定期的に住民票を取ります)

ついで可処分所得が多いか否かを判断に付け加えます。


家族構成に関しては裏付け確認を取ることはできませんので自己申告を採用します。