業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > -属性- 【電話】

-属性- 【電話】

【9.電話】


クレジットカード会社がユーザーと連絡を取る手段は、電話または郵便になります。その中でも簡単に連絡が取れて確実に用件を伝えることのできる「電話」が無いユーザーには、クレジットカードを発行することはほぼありません。


1994年の「携帯電話売り切り制」(それまではレンタル制のみ) による爆発的な携帯電話の普及を背景に、一人暮らしの若者や子供のいない夫婦家族は固定電話回線を持つケースがほとんどなくなってきました。

よってクレジットカード会社は、それまで必須条件としていた固定電話回線の有無を「携帯電話でもOK」とするようになったのです。


もちろん、固定電話回線は電話加入権が必要だったり、なによりも設置する住所地が必要なた
め、携帯電話よりも評点が高い
のはいうまでもありません。

また、固定電話でも回線名義(電話加入権名義)が誰なのかによって評点は変わってきます。本人名義や家族名義は最も信用度が高く、次いでレンタル電話などの他人名義、寮などの呼び出し電話の順になります。


この固定電話の回線名義に関する裏付けはNTTの104番号案内を元に行われます。


104番号案内とは、104に電話を掛けて住所と名前を伝えると電話番号を調べてくれるサービスでですが、ここで番号案内がされればこの名義はその申込者のものであると判断されるのです。仮に104番号案内に非公開で登録している場合でも、「お客様の申し出により番号案内をしておりません」とアナウンスしてくれるので、確認は取れたとクレジットカード会社は判断します。


つまり、その住所にその人の名義で確かに固定電話は存在するとみなすのです。


レンタル電話や名義があやふやな電話の場合、「そのお名前ではご登録はありません」とアナウンスされ、本人名義では無いとクレジットカード会社は判断し、評点はグッと下がります。


携帯電話の場合は名義確認の裏付けを取る手段が無いため、最も評点は低くなるのです。