業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > 個人信用情報とは?

個人信用情報とは?

 初めてのクレジットカードに最適

【個人信用情報ってなに? 審査にどう影響するの?】


クレジットカード会社はクレジットカード審査において申込者の個人信用情報を参照し、審査の参考にします。支払い遅延などの記録があると審査に大きく影響します。


個人信用情報とは、あなたが過去にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングカードの申込書に書いた個人情報(属性)と、支払い状況の記録を指します。これらの記録はクレジットカードの発行、利用、返済、完済、事故発生(延滞)などの最終取引日から約5年間記録された後に抹消されます。ただし、クレジットカードの申込履歴は6ヶ月で抹消されます。(全情連のみ1ヶ月で抹消)

記録される情報は以下のとおりですが、信用情報機関によって名称(呼び方)は変わります。
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 契約日
  • 契約の種類
  • 極度額(限度額)
  • 支払い回数
  • 支払い状況
  • 利用残高
  • 申込履歴
  • 事故情報(俗にいうブラックリスト)
※過去にクレジットカードやローン・キャッシングを利用したことの無い人は何も記録されません



この情報からどんなことがわかるかというと、持っているクレジットカードの枚数や限度額(使ってるかどうかは別として)、ショッピングローンやキャッシングの残高や支払い状況など、現在進行形のものから過去5年間のクレジット履歴まですべて把握できるようになっているのです。


クレジットカード会社はクレジットカード申込者の氏名・生年月日で専用端末機(ミニパソコンみたいな機械)から個人信用情報を照会でき、即座に返答がくる仕組みになっています。



審査に影響してくるのは、以下の情報です。

支払い状況 1ヶ月〜2ヶ月の支払い遅延が2回以上あるとかなり不利になります
利用残高 支払い能力によって変わりますが多いのは不利です
申込履歴 3社以上の申込履歴があると借り回りと判断され、かなり影響します
事故情報 3ヶ月以上の遅延が事故になりますが、まず審査は通りません


※勤務先・住所・電話番号などの属性情報とクレジットカードの申込内容に不一致があった場合は 裏付け確認が強化されます。



個人信用情報機関とは、これら個人信用情報を収集して管理し、これをクレジットカード会社や銀行、消費者金融業者に提供する機関を指します。 なぜこのような個人信用情報を管理・提供することが必要なのかというと、申込者が多額の借り入れをして多重債務にならないようにするため、現在何件の業者から、いくらの借り入れがあって、返済状況はどうなのか? という客観的な判断材料を用いることでクレジットカードやショッピングローン、キャッシン グの審査を適正に行っているのです。


その目的を果たすため、クレジットカード会社や銀行、消費者金融業者以外の中立な機関として個人信用情報機関が存在し、業態ごとに分かれています。
 初めてのクレジットカードに最適