業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > 個人信用情報機関の種類

個人信用情報機関の種類

 初めてのクレジットカードに最適

【個人信用情報機関の種類】


個人信用情報機関は5機関存在し、クレジットカード会社・銀行・消費者金融などの業態によって加盟する機関は違ってきます。なぜこのように業態によってバラバラに機関が存在するのかというと、金融業界はクレジットカード・銀行・消費者金融が、異業界のように別々に成長を成し遂げてきたという歴史と経緯があるからです。


(株)シー・アイ・シー(CIC)

ほとんどのクレジットカード会社はこの機関に加盟しています。CICは、大手クレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関で、信販系、家電・自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、クレジットカード会社、専門店会、自動車ディーラーなどが会員となっています。


全国信用情報センター連合会(全情連/JIC)

ほとんどのキャッシング会社はこの機関に加盟しています。JICは全国の主要都市にある33の個人信用情報機関からなる機関で、消費者金融専業の業者が主な会員です。一部、キャッシング専用カードを発行しているクレジットカード会社も加盟しています。


全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行、信用金庫、信用組合、農業協同組合などの金融機関、銀行系クレジットカード会社、住宅金融会社が主な会員です。


(株)シーシービー(CCB)

外資系クレジットカード会社が主な会員です。CICの会員とかなり重なっています。


(株)テラネット

テラネットは信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社、銀行系ローン会社、消費者金融会社が主な会員ですが、この情報機関は単に全情連の情報にリンクしているというもので、つまりテラネット=全情連と考えても差し支えありません。



【情報交流】

個人信用情報機関のうち全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICは、それぞれの会員が相互に個人 信用情報(事故情報)を利用できるようになっており、このシステムをCRIN(クリン)といいます。 事故情報とは延滞・代位弁済・債務整理・自己破産などの情報で、俗にいうブラックリストと呼ばれるもの です。



【個人信用情報機関の概要】


情報機関の名称 特徴 相談窓口 情報交流の内容
(株)シー・アイ・シー(CIC) クレジット会社の共同出資で設立
信販、クレジット会社系
0120-810-414 CRINによる延滞、代位弁済などの事故情報
全国信用情報センター連合会
(通称:全情連/JIC)
全国33カ所の情報センターが加盟
消費者金融系
0120-441-481
(最寄りの情報センターに接続)
CRINによる延滞、代位弁済などの事故情報
全国銀行個人信用情報センター
(通称:KSC)
全国銀行協会が設置、運営
銀行系
0120-122-878
(自動応答テレホンサービス)
CRINによる延滞、代位弁済などの事故情報
(株)シーシービー
(CCB)
全業種の業者が幅広く加入
外資系
0120-4400-29
(クレジット相談室)
(株)テラネット 全情連グループ 0120-95-0120 (最寄りの情報センターに接続) STARS(全情連の会員内システム)との借入(残高あり)情報
 初めてのクレジットカードに最適