業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > 個人信用情報の開示

個人信用情報の開示

 初めてのクレジットカードに最適

【個人信用情報を自分で確認してみる】


個人信用情報は本人であれば自分の目で確認することができます。どんな属性情報が登録されていて、過去の支払い状況がどうなってるか? 気になる人は自分で確認することをオススメします。

私が以前、勉強のため(というか興味本位で)シー・アイ・シー(CIC)に自分の信用情報を確認した時の体験談をお伝えしますので参考にしてください。



直接行くか郵送かを決める

CICは全国の主要都市に11ケ所相談コーナーがあり、ここに直接行くと情報を確認することができます。CICでは郵送で確認することもできるので、私は郵送で確認することにしました。


申込みに必要なもの

まずは信用情報開示申込書をダウンロードしてプリントアウト。A4サイズのとても簡単な申込書で、氏名・性別・住所・電話番号・生年月日・勤務先・連絡先(携帯)を記入。そして過去にクレジットを利用した際に住んでいた住所を書くようにと書いてあったので前住所を2つ記入しました。

必要な書類として身分証明証のコピー900円の定額小為替と書いてあったので、コンビニで免許証のコピーを取り、郵便局に行って定額小為替を買って申込書と一緒に郵送しました。


確認の電話がきた

すると2日後にシー・アイ・シーの女性社員から私の携帯に電話があり、確認とのことで一通り申込書の内容を復唱されました。まるでクレジットカードの申込の際の在籍確認電話と同じです(笑) 3日後、シー・アイ・シーから白い封筒の配達記録郵便で自宅に回答書が届きました。


こんな情報が見れた

封筒を開けるとA4サイズの「信用情報開示報告書」と書かれた紙が数枚入ってました。1枚目にはCICの業務についての説明や、この報告書は大切に保管して下さい等が書かれています。2枚目以降に自分の情報について書かれています。そこには <クレジット情報> として以下の情報が記載されていました。

  • [氏名]
  • [生年月日]
  • [電話番号]
  • [郵便番号]
  • [住所]
  • [クレジットの契約日]
  • [クレジットの種類] (クレジットカードかショッピングクレジットか)
  • [ショッピング利用額]
  • [キャッシング利用額]
  • [残債額]
  • [クレジットカード会社名]
  • [入金状況]

支払い状況はこんな風に

クレジットカードの審査に最も影響があるのは[入金状況]ですが、このように記載されていました。


[入金状況]
0123456789・・・・
$$$$$$$$$$・・・・


「0」が最も新らしい入金情報で「1」がその前の月、「2」が2ヶ月前で右へ行くほど古くなります。それぞれの数字のしたにある「$」は、その月に正常に入金(実際には銀行引落し)があったことを示す印です。

なお、説明書には「A」=入金がなかったもの、「B」=お客様以外の理由で入金のなかったものと言う具合に9種類のマークの説明が書かれていました。この[入金状況]は、1〜2ヶ月前の情報が登録されるので、少し前の登録状況を見ることになるのです。



全部の情報が記載されるわけではない?

私の場合、勤務先が記載されていなかったのでCICに電話で確認したところ、クレジットカード会社からの登録申請を元に情報を登録しているので、登録する情報は各クレジット会社に任せているとのことでした。つまり、すべての情報をあますところなく登録申請するクレジットカード会社もあれば、そうでないクレジットカード会社もあるとのことでした。



その他に分かる情報

この他に別ページに以下のような情報が記載されていました。

<完済情報> 過去に利用して支払いが終わったショッピングクレジットの支払い履歴
<申込情報> 6ヶ月以内のクレジットカード申込履歴
<他機関情報> CRINによって交換される全情連(JIC)と全銀協(KSC)の事故情報

※情報が無い場合は 「登録されている情報はありません」 と記載されます
 初めてのクレジットカードに最適