業界人がススメル20枚比較 > クレジットカード審査基準 > ブラックリストの謎

ブラックリストの謎

【ブラックリストってなに? どこにあるの?】


ブラックリストというと、まるで 「要注意人物一覧」 のようなものを想像してしまがちですが、実際にはそういったリストが存在するわけではありません。

ユーザーがクレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどの支払いを一定の期間、延滞した状態を「事故」または「延滞」といい、個人信用情報に 「事故情報(延滞情報)」 が登録されます。

この事故情報は通称、ブラック情報と呼ばれていてブラック情報が登録された状態を 「ブラックリストに載った」と表現しているのです。


結論として、「ブラックリスト」 = 「事故(延滞)」 ということです。

しかし、100%カードがつくれないというわけではありません。このまま、このページを読みすすめてください。 ページ最後の「クレジットカードを作る方法」で解決策を説明させていただきます。


どのくらいの期間で事故になるのか?

本来の支払い予定日、つまりクレジットカードなら毎月決まった銀行引き落とし日から3ヶ月間支払いが遅れた時点で事故扱いとなり、事故情報が登録されます。事故情報は登録されてから5年間は消えません

そしてこの事故情報は踏倒したまま5年が経過するとキレイに抹消され、再びクレジットカードを作れるようになります。但し踏倒したクレジットカード会社からは一生カードを作ることはできません。(あたりまえですよね)

なお、CICでは2004年8月以降に登録された新しい債権(この期日以降に作ったカード、組んだローン、行ったキャッシング)に関しては、延滞が発生した場合にその延滞が解消しない限り、一生事故情報が消えなくなるという厳しい措置を講じるようになりました。
※それ以前に登録されている債権に関しては延滞発生日から5年で事故情報は抹消されます



事故になった後に支払いをすると消えるのか?

事故後に延滞金を支払って完済することを「延滞解消」と言います。延滞解消後も延滞した事実や完済した事実は一定期間、記録として残ります。この間も事故と同じ扱いを受け、クレジットカードの審査は通りません。

全情連、CCB、テラネットでは延滞解消から1年、CIC、全銀協では5年保存されます。



自己破産は最低7年間消えない

自己破産、失踪宣告、民事再生手続きを受けたユーザーは7年間消えません。もちろん事故情報と同様の扱いになります。特に消費者金融では自己破産を重く見る傾向にあるため、全情連とテラネットでは10年間消えません。



就職や家族に影響するのか?

個人信用情報が就職時の身辺調査に使われることはありません。個人信用情報機関は唯一、警察が刑事事件の容疑者の身辺を調べる時のみ情報を提供します。

また、個人信用情報はあくまでも個人のもであって、家族や兄弟、親戚のクレジットに影響することはありません。但し、主婦や学生がクレジットカードを申込む場合は審査対象が配偶者・親になりますので、その際には影響します。



クレジットカードを作る方法

事故情報があれば審査通過は非常に厳しくなります。しかし、解決策はあります!

全情連・テラネットにさえ事故情報が無ければ、消費者金融が発行しているクレジットカードは審査が通る可能性が高くなります。